育成・知識

【プロスピA】継承について徹底解説|効率を優先したおすすめ方法【プロ野球スピリッツA】

本記事ではプロスピAにおける継承について徹底解説していきます。

選手育成はプロスピでは絶対に必要になるのですが、特に継承はチームスピリッツを下げない為にも重要です。

間違えて継承してしまうと、特能や特訓レベルが下がってしまいます。

ぜひ効率的な継承を覚えておきましょう!

プロスピAの関連記事もぜひご活用下さい。

継承とは

継承は今まで使っていた選手を新たなシリーズの選手へと能力を継がせること。

例)2018series2菊池→2019series2菊池

同ランクの同一選手間で「限界突破回数」「特訓Lv」「特殊能力Lv」の一部を引き継げるので、リーグオーダーのスピリッツを下げなくても大丈夫です。

継承の条件

継承をするには複数の条件があります。

継承時に消費される選手(トレーナー選手)は継承対象となる選手(ベース選手)と

  • 「同ランクの同一選手」かつ、
  • 「Lv上限に達している」(限界突破時は上昇したLv分を含む)

しっかりと条件を満たしている選手には「継承可能」と表示されています。

継承の注意点

継承する際には注意するべき点が3つあります。

これを忘れていると今まで育成した能力か下がってしまい、大変な事態に。

ダンパ
ダンパ
必ず要チェックして、効率のよい継承をして下さい!

特訓

特訓は継承すると、ベース選手の特訓レベルに、トレーナー選手の「特訓レベル -5」が加算されます。(最大レベル10まで)

→ベース選手の特訓レベル
→トレーナー選手の特訓レベル

 012345678910
01234567891010
11234567891010
21234567891010
31234567891010
41234567891010
51234567891010
61234567891010
723456789101010
8345678910101010
94567891010101010
1056789101010101010

トレーナー選手の特訓レベルが5以下の場合は、特訓レベルが1加算されます。

限界突破

限界突破は継承しても基本的にはそのまま引き継がれます。

ベース選手、トレーナー選手に何もしなくても大丈夫です。

→ベース選手の限界突破回数
→トレーナー選手の限界突破回数

 012345
0123455
1123455
2234555
3345555
4455555
5555555

トレーナー選手の限界突破回数が0または1の時は、通常の限界突破と同じように+1されます。

特殊能力

特殊能力は継承すると、継承時にトレーナー選手の「特殊能力レベル -3」がベース選手の特殊能力に加算されます。